beat

2009年10月01日

ビート エンジンオーバーホール      ビート エンジンオーバーホール

この前の続きで、NEWビートの進捗状況です。


画像は、ついていたメインベアリングと、コンロッドベアリングです。

毎回、状態が良くても必ず交換します。

なかなか取り換えはできませんので・・・アセアセ



ばらした直後のバルブは大体、スラッジとカーボンだらけなんですが、

この車両のは意外にキレイでした。一度、バルブステムシールを交換

しているようです。。

これは、すり合わせ後の画像ですが、やる気がみなぎってますね~。拍手


ビート エンジンオーバーホール    ビート エンジンオーバーホール

ピカピカのヘッドとカムシャフトホルダです。



バルブ取り付け中です。

コッタがなかなか入ってくれませんね~・・・・。ガーン




ヘッドは完了です。



ビート エンジンオーバーホール    ビート エンジンオーバーホール

次は、ピカピカになったシリンダの上からと下からです。

久しぶりのシャワー&ホーニングは気持ち良かったでしょう!




ピストンも、あのスラッジ、カーボンがとれ、キレイさっぱりです。ピカピカ

新品ピストンリングをつけて待機中です。



ビート エンジンオーバーホール  ビート エンジンオーバーホール  ビート エンジンオーバーホール

オイルポンプ、リアカバーを分解、点検、洗浄、新品パーツの組み付けして

ブロックに装着です!→



なんだか々としてますね。

気分がいいんでしょうか・・・。ニコニコ



ビート エンジンオーバーホール    ビート エンジンオーバーホール

シリンダ判別センサです。カムシャフトプーリのすぐ傍にいて、

信号を拾ってます。結構液だれしてるのが多いですよね。



ビート エンジンオーバーホール    ビート エンジンオーバーホール

デスビは、回転に抵抗があったり、異音が出てたり・・・は無かったんですが、

が発生してました。交換となります。。good





いきなりですが、新品タイミングベルト、テンショナ、アイドラー、W/P

取り付けました。そしてバルブクリアランスも完了です。



ビート エンジンオーバーホール  ビート エンジンオーバーホール  ビート エンジンオーバーホール

クラッチは、いつも通りディスク、カバー、レリーズベアリング、パイロットベアリング

すべて新品に交換となります。


あとは、ミッションとエンジンを合体。ボディへと戻ります!


そして現在、クレタホワイトに身を包むため準備中です力こぶ
  


Posted by narubob55 at 01:05Comments(3)BEATビート1