NA8Cエンジン

2019年06月19日

先日登場頂きました宮崎H様NA8Cの

エンジンオーバーホールになります。


もうじき250000キロ。調子自体は悪くないものの

オイル漏れが各所から見られ、全バラでのリフレッシュとなりました。





オイル漏れの修理もですが、なんといっても

ピストンとシリンダーのリフレッシュ、メタルの入れ替えが

可能となるオーバーホール。

新車時の頃のように、そして10万キロは走れるように・・・。

楽しくなってきます。。






250000キロ頑張ったピストンたち。

役目を終えました。

シリンダーにも大きな傷や違和感は無く

個体の良さを伺わせます。






クランクシャフトも、振れ、曲がりはありませんでしたが

流石にメタルは触らずともぽろぽろ落ちてしまい、

張りは無くなっていたよう。







オイル漏れによるヒーターホースのダメージ。

勿論新品になります。





腐蝕で疲れきったスタッドもリフレッシュします。

このタイミングでしか出来ない個所は

とことん手を入れて行きます。




ボーリングから返ってきたブロック。

クロスハッチもしっかりついてます。

上面は歪が生じてましたので研磨となりました。





ピストンは純正0.25オーバーサイズピストン。





合口すき間測定。







メタルはパワーメタル。



クリアランスを測定し

メタルをチョイスしていきます。










オイルポンプは再利用も出来ましたが

この機を逃すのはもったいないですので

オーナーさんに報告し、新調とさせてもらいました。












ヘッドは、バルブステムシール交換、

バルブリフェース、すり合わせを行い気密点検。

勿論、面研も済ませてあります。

ラッシュアジャスタは一度交換されてあるのか

全て良好でしたのでそのまま行けました。




こちらは先ほどのスタッドを新品と入れ替えの様子です。






ブロックにヘッドを載せ

新品タイベル、ウォーターポンプを組み

完成に近づきます。







オイル漏れの原因であるクランク角センサーOリングを新調。



あのヒーターホースも新品へ。




こちらはサーモスタット付近のバイパスホース。

こちらも交換です。




ヘッド裏側のサーモメーターユニットも

悪くなってからでは大変ですので交換。。




後ろ姿もキレイに。。





インジェクターも外したついでにOリングを交換。





そうそう、ヘッドカバーもキレイにリフレッシュ。

ピカピカに磨き上げまではできませんが、

できる限りできれいにしていきます。





勿論、各マニホールドのガスケットも新調し、完成となりました。











100キロ程のロードテストを終え洗車。。



また10万キロ、いやそれ以上楽しんで頂けたらと思います。

では、明日お待ちしております。



  


フォーゲル

2019年06月01日




ちょっと息抜きです。

ヤマハのフォーゲル。

初めて肉眼で見ました。



2サイクルなんで、モンキーとはまた一味

違った走りのようで楽しそうです。。




色替えはしているようですが、程度はかなり良さげ・・・

かわいいですね~  


Posted by narubob55 at 22:15Comments(2)旧車!!